2020年04月01日

砂場に砂が入りました

 4月1日、新年度のスタートです。進級した園児、そして新入園児を迎え入れるために、先生方は教室整備、教材整備、打ち合わせに追われています。
 幼稚園で、とても大切な場所である砂場の砂を1トン入れました。毎年、1トンから2トンを入れるのですが、1年でぺったんこになるほど、園児たちは夢中で砂場遊びをします。
 アメリカの哲学者、ロバート・フルガム著の「人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ」というベストセラーがあります。幼児期の砂場遊びの重要性を説いた本です。
 野の花幼稚園の園庭全てが砂場のようなものです。今年も、たくさん園庭で池や川、山づくりをしたり、砂団子づくりをして下さいね!
トラック.JPG砂場.JPG
posted by ののはな幼稚園 at 18:45| 日記