2019年02月01日

「豆まき」をしました

 節分を前に「豆まき」をしました。鬼のお面は、それぞれ自分で作ったものです。また、豆まきの前に、豆まきをする意味のお話しをしました。
 「鬼」は悪い心、いじわるな心、病気やケガなどの事です。そんな鬼がいなくなるように「鬼はそと!」と言って豆を投げます。「福はうち!」の「福」は幸福の福です。優しい心、元気な身体になるようにという意味です。投げる豆は、栄養やエネルギーのかたまりです。豆を植えると、芽が出て、花が咲き、そしてまた実がなります。豆まきの後に、エネルギーのもとを食べましょう。もうすぐ春が来ます。春に向かって、楽しい、元気な豆まきにしましょう。
 いよいよ赤鬼さんと緑鬼さんの登場です。年少や年少々の園児の中には、驚いて後ずさりする子もいましたが、最後には、やさしい鬼さんに手を振ってお別れしていました。「いったい、鬼はだれだったんだろう?」と園児たちは不思議そうにしていました。
 季節の変わり目にふさわしい行事を行うことができました。春はもうそこまで来ています。
全体.JPG中.JPG中2.JPGInked小_LI.jpgInked小2_LI.jpg長.JPGInked長2_LI.jpg
posted by ののはな幼稚園 at 16:44| 日記