2018年09月29日

太陽スポーツの日に運動会の練習をしました

 月2回、太陽スポーツの先生に来ていただき体操教室を行っています。今回は、運動会の練習を取り入れました。
 年中さんは、団技「力を合わせてパズル完成」というプログラムを行います。これは親子いっしょの競技です。園児たちが作った大きな箱のパズルを、親子で完成させます。完成作品を目に焼き付けて挑戦して下さい。
 また、体操教室では跳び箱やマット運動に挑戦しました。先日、宮日の記事に大阪青山大准教授でこどもの運動遊びを指導・研究されている村田トオル先生の説が紹介されていました。その内容は「運動能力が高い子に共通するのは、一緒にいる先生のタイプだそうです。『遊んでおいで』と子どもを見守る先生よりも『遊びに行こう』と率先して身体を動かす先生といる子どもの方が、運動能力が高い傾向にある。他にも、自由時間に外で遊んでいることや、よく遊ぶ友達の数が多いことも共通する傾向だ。」(抜粋)
 幼稚園の時期に、たくさん身体を動かす事で、運動能力も上がり、また遊びの中から、人間関係や自然環境を感じる力を育んで欲しいものです。
Inkedみか作製_LI.jpgみかん.JPGばなな作成.JPGばなな.JPGすみれ.jpgさくらんぼ.JPG体操.jpg
posted by ののはな幼稚園 at 09:53| 日記