2018年06月05日

雨の日の教室では・・・・

 雨の日、教室では何をしているのでしょうか。天気が良ければ、はだしタイムをする予定でしたが、さすがに梅雨のこの時期は、雨の日が多くなります。教室をのぞいてみると、こんな事に取り組んでいました。
 『すみれ』・・・アジサイの切り絵、『もも』・・・音のでるシートでバランス歩行やトンネルくぐり、『さくらんぼ』・・・ボール遊び、『みかん』・・・カタツムリのお絵かき、『ばなな』・・・段ボールで家づくり、『めろん』・・・なかよしタイムの時に取り組んだ相撲遊びのルールについて、『ぶどう』・・・体操で体を思いっきり動かす。などなど、季節にそった活動、日頃クラスで取り組んでいるテーマの掘り下げなど、工夫を凝らした保育が展開されています。『ばなな』の家づくりでは、新聞紙の屋根をどのようにすれば壁の上に載せられるのか皆で考えていました。『めろん』の相撲の話しでは、「土俵はどんなかたち?」の質問に「四角」という回答があり、確かに、丸い土俵の周りは四角になっており、そこに気づいた園児にも驚かされました。教室の中でも、色々な発見や工夫が生まれています。
すみれ.JPGもも.JPGさくらんぼ.JPGみかん.JPGInkedばなな_LI.jpgめろん.JPGInkedぶどう_LI.jpg
posted by ののはな幼稚園 at 13:30| 日記