2019年07月01日

研究保育を行いました

 教員一人一人の教育力を上げるために、年長(ぶどう組)で研究保育を行いました。授業をしたのは長友副主任です。天気が良ければ、プール遊びをする予定でしたが、雨の為、屋内での保育を行いました。
 まず、海や川にいる動物は何がいるかを園児に答えてもらいます。その動物が、どのような動きをするのか、皆でやってみます。また、海や川の動物はどんな泳ぎをするのか、泳ぐにはどんな方法があるのかも意見を述べてもらいます。途中で、お互い相談をしたり、発表をしたり、色々なチャレンジがありました。
 ワニになったり、鯨の泳ぎをまねたり、イカになって競争したり、またクロールやバタフライといった泳法まで指導する園児もいました。
 最後に、タオルを足でつかんだり、引っ張り合いをしたりして、足の力をつけるゲームもしました。
 「子どもの意見、声から遊びを広げる。主体的発想や発言を大切にする。」保育の展開でした。そして新しい幼稚園教育要領でも求められている「主体的・対話的で深い学び」にも合致するものでもあり、約1時間の活動に、園児は汗びっしょりになり、満足した表情を見せてくれました。それは、一人一人の意見や発想を受け止めてもらえたという満足感と、思いっきり体を動かしたという充実感を得られた結果だと思います。
 保育を見学し、いっしょに参加した先生方は、学んだ事、感じたことをお互い共有できる会議を行いました。これからも、このような研究保育を継続して行く予定です。
導入.jpgワニ.jpg発表.jpgイカ.jpgゆう.jpgクロール.jpgタオル.jpg
posted by ののはな幼稚園 at 18:39| 日記

園バスの到着遅れにつて(7月1日)

 豪雨の為、園バス(特に 黄色バス 赤・青コース)が20分程度到着が遅れています。ご迷惑をおかけしています。
posted by ののはな幼稚園 at 08:43| 日記