2019年04月06日

春休みのできごと

 春休み中に色々な事が園庭で起きています。
@砂場に川砂1トンを入れました。春と秋に1トンずつ入れるのですが、半年で砂場はぺちゃんこです。どれだけ園児が砂で遊んでいるかわかります。おかげで、園庭全体が砂場のようになっています。今年も、いっぱい砂場で遊んでくださいね。
A園児の植えたチューリップが満開になりました。昨年は卒園式が満開のタイミングでしたが、今年は1週間遅れでした。「預り保育」に来た園児は見ることができて幸いでした。
Bすべり台の塗りなおしをしました。まずは、汚れを落として研磨、次に錆止めを塗ってグレーになりました。その後、きれいな色にお化粧直し。まだペンキ塗りたてで、完全に乾くまで遊ぶのはしばらくおあずけです。
Cすみれ組の前のゾウさんの『治療中』です。創立間もない頃から設置してあるゾウです。何度か修復されたそうですが、鼻のあたりの傷みが激しく、今回『治療』する事になりました。これまでに、3,000名を超える卒園児が一度はこのゾウさんにまたがったはずです。雨が降り出したので、『治療』は天候が回復してからになります。
D園庭遊具の安全点検を、専門業者に実施してもらいました。今年も、安全に楽しく園庭でたくさんの事を学んでくださいね。
トラック.JPG砂 (1).JPGすべり台研磨_LI.jpgグレー.JPGすべり台完成.JPG象修復前.JPGInked象修復中_LI.jpg
posted by ののはな幼稚園 at 11:25| 日記